2017
07.26

牛乳と一緒に飲んじゃダメ? 抗生物質を服用するときに気を付けること

薬の種類・注意

抗生物質には多岐にわたる感染症に、効果があると言われています。
しかしいかに効果があると言っても、使用方法を間違えると、期待していたものは得られません。
そこで今回は抗生物質を使う上で気を付けることをまとめます。

■指示を守る

抗生物質に限ったことではありませんが、抗生物質も薬ですから医師に指導された用法や容量は守るようにしてください。
多く飲めばそれだけ効果がありそうな気がしますが、副作用のリスクが高まるうえに期待したほど効果が高くなるわけでもないです。
用法に関しては抗生物質の種類によって変わってきますので、特に注意が必要です。

1日3回のものもあれば、1日1回でいいものもあります。
ここで気を付けてほしいのが、「食後」と書かれている場合に、食べる時間がなくて食事をしなかった場合にどうするかでしょうか。
一般的な薬の場合、胃などを守るために食後に飲むわけですが、抗生物質の場合には時間指定のための食後表記の可能性があります。

特定の間隔で飲むことが必要なのであって、胃を守るわけではないですから、抗生物質をもらった際には薬剤師に尋ねてみましょう。

■一緒に飲んではいけないもの

抗生物質を飲むときには牛乳と一緒に飲んではいけません。
抗生物質の成分がカルシウムと結合して、効果が弱まるものもあるのだそうです。
抗生物質を飲んだ後も、しばらくは控えるようにしましょう。

また、抗生物質を使用している間は、アルコールを控えてください。
アルコールの作用で、抗生物質が必要以上に効いてしまうことがあります。
また服用する種類しだいでは、二日酔いになりやすくなるそうです。

■自己判断は危険

病院に行かなくても手に入ってしまう抗生物質ですが、もしも病院に行くことなく服用を考えている場合には、念入りに薬のことを調べてから飲むようにしてください。
自己判断だけでは、危険なことが多いです。

コメントは利用できません